台灣の珈琲世代

台灣珈琲協会の2003年から2004年の統計によると、台灣珈琲の生豆の輸入量は17万袋であり、その内スターバックスで提供されるコーヒーは1年で役1千万杯。台灣のコーヒーチェーン85℃では3500万杯。2014年中華民国の輸出入貿易資料の未焙煎珈琲豆の輸入量は34万袋(20,596,623kg)で2004年の資料と比べて倍増している。台灣国内に珈琲消費市場は拡大しており、、珈琲チェーン店、観光珈琲産業、ファーストフード店、珈琲スタンドなどの珈琲産業への参入、競争は加速度的に増加しています。珈琲は世界のあらゆる飲み物の中でも現在においてとても経済的に高価値な作物の一つであり、珈琲豆は一種の黒いお金と言っても過言ではない。
消費だけでなく、農家も珈琲生産に積極的に乗り出しており、週休2日制も拍車をかけてか、珈琲農園を活用したレジャー施設を作る農家の人々、そこを訪れる観光客も増加傾向にあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です